心の病気に関する特徴とお金の問題について

サイトメニュー

精神的に辛くなったら

カウンセリング

選び方や種類を知っておく

会社などに勤めていると、入社する前には想像していなかった様々なことが起こります。そのうちの1つがうつ病になります。自分がうつになるはずがないと考えていても、実際になる人はなるわけです。この場合、軽度なら会社に行けるかもしれませんが、あまりにも状態が悪ければ会社に行くことができません。そうすると、必然的に収入を得ることができなくなるでしょう。そこで、障害年金をもらうことができます。障害年金は、うつ病が治るまでの間ずっともらうことができるのがポイントになります。ただ、無条件にもらうことができるわけではなく一定の基準がありますので、その基準を満たすことが重要になるでしょう。基準の1つが、診断書になります。診断書は、治療した所にお願いをすれば書いてくれるでしょう。この点に関しては、義務になっていますので患者から依頼された場合、医師は必ず書くことになっています。しかしながら、この程度で障害年金を出すことができないと考えている医師もいますので、そのような医師にあたってしてもらった場合には書いてくれない可能性があります。また、障害年金をもらうこと自体あまり好まないと考えている医師もいますのであらかじめクリニックを具合には、しっかりと診断書を書いてくれるところを選ばなければいけません。このときの選び方の1つは、口コミや評判で調べることです。うつ病になった人の中には、診断書を確実に書いてもらっている人がいるはずですので、近くにそのような人がいればその人に話を聞いてみましょう。もしいなければ、インターネット等を参考にすると良いです。

うつ病になったことにより、障害年金をもらうことができるとすれば、それぞれ種類がありますので、それを知っておく必要があります。障害年金には、1級から3級までありますので、どれに該当するかを事前に確認しておく必要があります。これは、医師に診断書を書いてもらったときにどこに該当するか決まるわけではなく、提出した後に決まるものです。そのため、明確に予想することができませんが概ね医師に聞けばわかることも少なくありません。知っておきたい情報の1つは、子供がいる場合です。うつ病になってしまい会社にいけなくなるとすれば自分自身も生活できなくなりますが、子供がいる場合にはより困った問題が発生します。この場合、配偶者の年収がいい場合にはそもそも障害年金をもらうことができませんが、そうでなければもらえる可能性が高いです。ちなみに、子供の分までもらうことができるのは、障害年金ならではの大きな特徴と言えるでしょう。どのような条件で子供の分ももらうことができるかといえば、まず子供が18歳未満であることです。そして、子供の年収が850万円を超えていないことが重要になります。さらには、1級と2級の場合にだけ認められるのが特徴です。もし3級に該当してしまった場合には、子供の分をもらうことができませんので注意しましょう。配偶者の分ももらうことができるかが問題になりますが、これは会社員の場合にもらうことができます。つまり、アルバイト等ではもらうことができませんので事前に確認をしておかなければなりません。