心の病気に関する特徴とお金の問題について

サイトメニュー

安心して使える支援制度

ハート うつ病になった時は障害年金を得ておくと、生活費をもらえるので安心して暮らせるようになります。制度を使うためには手続きをしますが医療機関などに行って、書類を作ってもらわなければいけないので注意がいります。

詳しく見る

病気の時に使える制度

医者と看護師 うつ病になった時は障害年金の制度を使うとメリットを得やすく、十分な収入を得られるので安心です。どの程度の資金を得られるかは病気の症状によって変わりますが、一番重い方だと100万円程度の収入を得られます。

詳しく見る

精神的に辛くなったら

カウンセリング 運が悪くうつ病になってしまい、障害年金をもらうとすれば、診断書が必要になるため、診断書をしっかり書いてくれる病院を選びましょう。障害年金の特徴は、子供や配偶者がいる場合その人たちの分も行うことができることです。

詳しく見る

病気になった時便利な制度

カウンセリングを受ける中年女性

公正に受給する方法

うつ病は、精神病の一種です。仕事のトラブルや人間関係、受験失敗や失恋など、様々なストレスが要因となって発症することが多いです。一度発症すると、完治するのに長い時間がかかるというのが特徴の一つです。外傷があるわけではない心の病気は、医師や家族など、周りの人と一緒にゆっくり治療していくことが大切になります。完治を目指すためにも、自分でうつ病ではないか、と感じた時には早めに専門病院を受診すると良いでしょう。またうつ病の症状としては、悲しい気持ちや憂鬱な気持ちが続く、何をしても楽しくない、自分のことが嫌いになるなど負の感情に心が支配されることが多くあります。その他にも、判断力や思考力の低下というのがあります。料理の作り方が分からなくなる、ズボンの履き方が分からなくなる、など日常生活で普通に出来ていたことすら出来なくなります。重度になると、被害妄想や幻覚などが見えることもあり、安全のため入院しなくてはならないこともあります。そうなると仕事にも行けず、お金を稼ぐことが出来なくなってしまいますが、ここで活用したいのが障害年金制度というものです。障害年金制度とは、障害があると認定された人が、生活を送るためのお金を国から受給できるというシステムです。通常身体的障害がある人に受給するものと思われがちですが、実はうつ病のような精神疾患でも、受給基準を満たしていれば受給することが出来ます。障害年金を受け取りたい場合、様々な書類を用意する必要がありますので、ひとつひとつしっかり準備していきましょう。

障害年金を受け取る準備について、まず大切なのは初診日の確認です。初診日とは、その病気のために初めて病院を受診した日のことです。覚えていない、領収書がない、などの場合は、通院中の医師に確認しましょう。障害年金を受給するに当たって、初診日の確認は非常に重要です。初診日によって請求する制度が変わったり、初診日にきちんと保険料が納められていたかを確認されたりするからです。初診日の時点で保険料が納められていなかった場合、その時点で受給の対象外となってしまうので、特に給料天引きではなく納付書で毎月年金を納めている人は、要注意と言えます。日ごろから、払うべきものはしっかり払っておく習慣を付けましょう。また初診日確認の次は、医師による診断書をもらうこと、また自分で申請書を記載するという準備が待っています。特に自分で記載する書類には「日常生活能力」という欄があり、ここをしっかり書くことが重要です。医師による診断書では、医師のカウンセリングや診断による事柄しか記載されていませんが、この欄には自分が今うつ病によってどのような困難な状況で生活を送っているか、ということを細かく記載することが出来ます。上手にこの部分が伝わらないと、実際は重度のうつ病なのに認定基準を満たしていないと判断されてしまうケースもあるので、出来るだけ細かく書きましょう。しっかりと申請を行えば、障害年金は適正にもらうことが出来ます。体調が悪い中での申請準備はとても大変ですが、公正に障害年金をもらうためにも、周りのサポートを受けながら準備を進めましょう。